2011年11月30日水曜日

R: ヒストグラムに密度関数のグラフを重ねてかく

R でヒストグラムの上に密度関数を重ねた図がかきたいときは、hist() の引数 freq に FALSE を与えてやればいい。
例)
> r =rnorm(100)
> hist(r,freq=FALSE)
> curve(dnorm(x),add=TRUE,lty=2) 

ヒストグラムの縦軸が density(密度)というのは分かりにくいかもしれないが、
面積=たて×よこ=割合
である。
この例の場合、ヒストグラムの幅は0.5刻みなので、たとえば、0.5〜1の範囲に入る標本の個数は
(約0.3) × 0.5 = 約0.15
全体の約15%=15個くらい、と分かる。

参考リンク:Rと統計学―その4

0 件のコメント:

コメントを投稿